マルハニチロ、リスク管理部門を強化 11月に機構改革

水産加工 人事 2014.10.03 11079号 02面

 マルハニチロは9月29日、旧アクリフーズ農薬混入事件を受けたガバナンス強化策として、リスク管理部署などを新設する11月1日付の機構改革を発表した。  本社コーポレート部門に「リスク管理統括部」を設け、企業リスク全般を管理するとともに経営執行部への情報伝達ルートを複数にして、迅速な決断を可能にする。危機対応力の不足を指摘した有識者からなる第三者検証委員会の提言を踏まえた。  環境・品質保証部には「安全管理室」を新設し、日常的に食

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら