ニチレイ、2030年の目標示す 売上げ1兆円、海外3割

大櫛顕也社長

大櫛顕也社長

 ニチレイは14日、長期経営目標「2030年の姿」を公表し、数値目標として売上高1兆円、海外売上高比率30%、売上高営業利益率8%を掲げた。外部環境の激変を踏まえ、事業活動のよりどころとなる指針を打ち立てて社内外にアピールした。同時に企業経営理念の“ビジョン(目指す姿)”を変更している。  長期目標では企業としての“ありたい姿”を描き、「国内では加工食品事業と低温物流事業でナンバーワンの高収益企業として確固たる地位を築いている。海外ではM&Aとアライアンスにより規模とエリアを

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら