明治、冷食ラインを増設 米飯強化、丼シリーズ3品発売

山田裕弘部長

山田裕弘部長

 明治は冷凍食品を生産する茨城工場でライン増設を行い、7月下旬から稼働を開始している、と8日発表した。増設によって既存商品のドリアやリゾットに加え、今秋発売する丼シリーズなど米飯類の生産を強化する。新ラインは炊飯と具材のトッピング工程を自動化するなど、高い生産効率を実現したという。設備投資額は25億円で生産能力は増設前の約1.5倍に高まった。  山田裕弘・食品マーケティング部長は7日、主力のピザ・グラタン類にも引き続き注力する方針を示した上で、「当社の強みであるトレー入りの技

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら