マルハニチロ、中間連結決算 水産苦戦で減収益

水産加工 決算 2019.11.11 11969号 02面

 マルハニチロの9月中間連結決算は、売上高が前年比0.3%減4470億円、営業利益3.1%減99億円、経常利益3.4%減115億円、純利益7.4%減81億円だった。漁業・養殖や北米販売が不漁や市況低迷などによって苦戦。食品(加工)や物流の増益でカバーできなかった。下期の巻き返しを期し、通期業績予想を据え置いた。  食品の事業別では、家庭用冷食の売上げが5億円減の293億円、営業益2億円減の5億円。弁当おかず類の苦戦を好調な米飯類や惣菜類で補えなかった。大半が冷食の業務用食品は

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら