ヤヨイサンフーズ・黒本聡社長 コロナ直撃「厳しい」 収益改善へ横断的議論

黒本聡社長

黒本聡社長

 マルハニチログループ業務用冷食メーカー、ヤヨイサンフーズの黒本聡社長は8日の会見で、新型コロナウイルスの影響によって今期予算計画の開示は現時点で困難とした上で、「収益改善策とカテゴリー戦略を練り、環境変化にいち早く対応する」と力を込めた。前期実績と今期第1四半期(4~6月)の状況、今期経営方針を次の通り語った。  20年3月期業績は総売上高が前年比1.6%減369億1000万円、営業利益は3.8%増5億5000万円と増益だが予算からは大きくかい離した。販路別売上げは、6割を

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら