農水省、「みどりの食料システム戦略」決定 新技術で持続性と効率化追求

総合 ニュース 2021.05.14 12227号 01面

 農林水産省は12日、食料・農林水産業の生産力向上と持続性の両立をイノベーションで実現するための長期戦略「みどりの食料システム戦略」を決定した。約30年後の50年に目指す姿を描き、テーマ別にEUや米国並みの野心的な目標数値を定め、必要な技術開発や取組みの大枠を示し、個々の技術の実用化に向けた工程表も作成した。環境負荷の高い既存の農業体系を見直すとともに、食のサプライチェーン全体で持続可能性を高めつつ効率化を図る新たな政策方針とした。
 日本が50年のカ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら