農水省、鶏卵検証委「政策ゆがめず」と報告 野上大臣「透明性ある行政に一丸で」

 農林水産省は3日、職員による利害関係者との違法な会食や養鶏・鶏卵行政への悪影響を調査する外部第三者の「養鶏・鶏卵行政に関する検証委員会」から最終報告を受けた。吉川貴盛元大臣とアキタフーズ秋田前代表が贈収賄容疑で起訴されたことを受け、4ヵ月にわたり調査を行った。報告書では秋田前代表から吉川元大臣らへの働きかけによって、「政策が歪められた事実は認められなかった」と結論。政策決定の公正性への影響を否定した。
 他方で「政・官・業の距離が近く、行政が政治や生

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら