キーパーソンは語る:農水省 渡邉洋一輸出・国際局長 相乗効果、攻めと守りで

総合 インタビュー 2021.09.22 12295号 02面

 ◆輸出事業者をしっかり支援
 農林水産省は7月1日付の組織再編で、それまで国際交渉を担っていた国際部と、食料産業局(再編によって分割)の輸出業務に関する機能を一体化し、新たに「輸出・国際局」を設けた。その狙いを初代局長に就いた渡邉洋一氏は、「国際交渉と輸出促進の取組みを一体的に運営することで、相乗効果を発揮できる」とする。抱負とともに今後の課題について渡邉局長はこのほど、次のように語った。(本宮康博)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら