マルタイ、JA筑前あさくらへ復興義援金を寄付 「ラー麦皿うどん」売上げの一部

小麦加工 ニュース 2020.07.10 12078号 04面
左から鹿野晋大陽製粉社長、深町琴一JA筑前あさくら代表理事組合長、見藤史朗マルタイ社長

左から鹿野晋大陽製粉社長、深町琴一JA筑前あさくら代表理事組合長、見藤史朗マルタイ社長

ラー麦皿うどん

ラー麦皿うどん

 【九州】マルタイは3日、2017年7月発生した九州北部豪雨の復興支援義援金として100万円をJA筑前あさくらに寄付、その贈呈式が同所で行われた。  これは朝倉産「ラー麦」100%使用した「ラー麦皿うどん」の売上げの一部を当てたもので、地元福岡に存する大陽製粉がラー麦を供給した。  それを九州福岡を代表する即席麺メーカー、マルタイが製品化し、6月1日から発売している。ラー麦は福岡県が開発した日本初のラーメン用小麦として認知が高まり、供給量が拡大している。  商品パッケージには

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら