野党議員連盟、種苗法改正案に反対 農業発展を阻害

総合 ニュース 2020.05.22 12054号 02面

 野党の議員連盟である「食の安全・安心を創る議員連盟」(会長=篠原孝衆議院議員)は20日、国会に提出されている「種苗法改正案に反対」で声明文を公表した。声明文では、改正案が自家増殖を認めていないため、農業者の進取性に制約をかけ、日本の農業発展を阻害すると強硬な反対意見を示している。  声明文では、「農業競争力強化支援法」が公的試験研究機関が有する種苗の生産に関する知見を民間に提供という条文があるため、国籍を問わず種の遺伝資源が民間企業にわたり、農業者はその種子を買って農業をし

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら