イオン、金利ゼロで購買刺激 駆け込み需要争奪 GMSの消費増税対策

小売 ニュース 2013.01.16 10776号 01面

 イオンは、14年4月の消費増税が迫るにつれ今後見込まれる駆け込み需要の争奪商戦に向け、グループのクレジットカード事業を活用、同カードで商品を購入した顧客の分割払いに対して手数料をとらない“分割払い手数料ゼロ”の施策を、総合スーパー(GMS)事業の売上げ拡大のために戦略的に活用していく方針だ。高額商品や高利益率商品の購買刺激策としての大きな効果が期待できるためだ。11日の13年2月期第3四半期決算発表で森美樹副社長が明らかにした。(川崎博之)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら