食品産業センター、新政権の規制改革に期待 食品ロス、回収緩和で前進

総合 ニュース 2020.10.05 12127号 02面
村上秀徳理事長

村上秀徳理事長

 9月16日に発足した菅義偉新政権が看板政策として打ち出した行政改革・規制改革に関心が集まる中、同月30日に開かれた食品産業センターの令和2年度上期報道関係者連絡懇談会で、村上秀徳理事長は、食品ロス削減の前進につながるため食品産業界が求める単純な表示ミスによる商品自主回収をはじめとした食品表示の各種規制の緩和へ期待をにじませた。菅新政権発足後の9月下旬に開催された消費者庁の伊藤明子長官の講演に参加した際、消費者と業界の共働との表現もあり、これまで少し異なる印象を得たため。新政

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら