ネクストミーツ、長岡技術科学大と共同研究締結

総合 ニュース 2021.06.14 12243号 03面

 フードテックベンチャーのネクストミーツは7日、国立大学法人長岡技術科学大学と共同研究契約を締結し、同大の大学院工学研究科生物機能工学専攻・西村泰介准教授の専門とする「エピジェネティクス」をはじめとする遺伝子発現を制御する知見・技術を応用することで、新しい食品原料の研究開発に挑むことを公表した。
 「エピジェネティクス」とは、生命の設計図であるゲノムDNAの塩基配列自体を変化させることなく、遺伝子の機能(スイッチのオン・オフ)を変化させる細胞自身が持つ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら