全日本漬物協同組合連合会、外税方式など政界通じ要望 消費増税にらみ

農産加工 ニュース 2013.03.13 10805号 01面
秋本幸男会長

秋本幸男会長

 全日本漬物協同組合連合会(全漬連)は消費税率が段階的に引き上げられることについて、本体価格と税を区別するいわゆる外税方式に統一するなど、政界を通じて関係方面に要望していく。また、量販店の価格支配力が強いため増税分が納入価格に転嫁させられる懸念もある。3%から現行の5%に引き上げられた97年にも納入価格に転嫁され、実質的な“メーカー税”となった経緯から公平な負担を求めていく。(小島麻由美)  ◆公平な

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら