全日本漬物協同組合連合会、「漬物グランプリ」最終審査会 大臣賞は竹内農産

農産加工 ニュース 2021.04.14 12214号 02面

 全日本漬物協同組合連合会(全漬連)が主催する漬物グランプリ2021の最終審査会が9日、東京都内で開催され、竹内農産「クラシックスモーク野沢菜」(本漬部門)がグランプリの農林水産大臣賞に決まった。準グランプリの食料産業局長賞には天政松下「匠洛庵京五色漬」(浅漬・キムチ部門)と、新進「3種のきのこのガーリックコンフィ」(本漬部門)が選ばれた。全国から107作品のエントリーがあり、1次審査を経て本漬部門30作品、浅漬・キムチ部門15作品が最終審査会に進んだ。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら