アサヒ飲料富士山工場、東日本の拠点へ 14年2月新ライン稼働

飲料 新設・移転 2013.10.16 10910号 03面
角田哲夫常務

角田哲夫常務

富士山工場の外観

富士山工場の外観

 アサヒ飲料の富士山工場は、同社の東日本の生産拠点として存在感を高めている。同社では、将来の販売増を見込んで富士山工場への投資を行い、ラインの増強を図っている。12年4月に天然水と炭酸水を新ラインにして、生産力を高めた。加えて、約80億円を投資し、茶系飲料などを製造する新たなラインと自動倉庫を導入する。新ラインの年間製造能力は900万ケースで、これで同工場の生産能力は2500万ケースから3400万ケースとなる。新ラインは14年2月から稼働を予定している。

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら