味の素ゼネラルフーヅ、鈴鹿の生産設備増強 東西2拠点化を推進

飲料 ニュース 2014.04.28 10999号 02面

 味の素ゼネラルフーヅは、同社のレギュラーコーヒーやスティックコーヒーなどの製造を手掛けるAGF鈴鹿(写真)に約9億円投資し、業務用向け焙煎生産設備の大幅な増強を図る。業務用事業焙煎豆供給事業は13年以降、CVSのカウンターコーヒーをはじめ、予想を大幅に上回る販売拡大が続いており、今後の成長に向け、供給体制を整えることを目的に実施する。  AGF関東中心の生産ラインに加え、AGF鈴鹿のラインを増設することで生産能力が倍増。東西2拠点化とすることで、BC

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら