日本製粉、デュラム小麦国産化など農水省で研究発表

小麦加工 ニュース 2019.06.24 11898号 03面
大楠秀樹フードリサーチセンターセンター長兼基礎技術研究所長

大楠秀樹フードリサーチセンターセンター長兼基礎技術研究所長

 日本製粉は、18日に農林水産省が同省で行った農業・食品産業分野の研究成果発表会で、「国産デュラム小麦品種の栽培と純国産パスタ製品の開発」について発表した。  同発表会は、農水省が提案公募型研究開発事業として、異分野のアイデア・技術などを農林水産分野に導入する研究開発を重点的に支援する「イノベーション創出強化研究推進事業」として実施している。同事業で得られた研究成果のうち、社会的な注目度が高く、今後の社会実装が大いに期待される研究成果について、報道関係者向けに公表した。  同

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら