日本製粉、海外事業の体制強化

小麦加工 人事 2019.09.27 11948号 03面

 日本製粉は、海外事業のさらなる拡大を図るため、海外事業本部の体制を強化する。同社グループは現在、米国(製造・販売拠点)、中国(製造・販売拠点)、タイ(製造・販売拠点)およびインドネシア(販売拠点)を軸に海外事業を展開している。今後、既存事業のさらなる拡大に加え、新規事業開発への取組みを加速させるために、海外事業本部の機能を拡充し、海外事業比率アップへ向けてまい進していく。  体制強化として、海外事業本部には既に6月27日付で海外事業の生産・技術を統括する部長を配属。加えて、

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら