ニップン、冷凍食品に「レガーロ」投入 新規顧客獲得狙う

 日本製粉(ニップン)の冷凍食品の商品戦略は、「新ジャンル開拓」「本格・上質化対応」「差別化推進」の考えの下、新商品14品、リニューアル1品を展開する。3月2日に発売し、20億円を初年度の販売目標に掲げる。  「新ジャンル開拓」に向けて、「ニップン 服部さん家の和おかず」という新たなシリーズを立ち上げる。服部栄養専門学校監修で、「一汁三菜」をコンセプトとした、ワンプレートの和おかずとして提供。商品は「鶏から揚げの和風あん」と「海老の彩り野菜あん」の2品を投入する。販売好調な「

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら