日清製粉グループ本社、21年第1四半期は増収減益

小麦加工 決算 2020.08.05 12092号 03面

 日清製粉グループ本社の21年3月期第1四半期連結決算は、売上高1656億8500万円(前年比5.0%増)、営業利益51億8600万円(同16.7%減)、経常利益64億6300万円(同11.6%減)、四半期純利益43億3300万円(同2.2%減)の増収減益で推移した。  売上高は国内製粉事業での20年1月の小麦粉価格改定や設備工事の減少などの減収要因があったものの、19年7月に連結子会社化したトオカツフーズの新規連結効果などで増収となった。  一方、利益面では、新型コロナウイ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら