千葉製粉、21年度決算は業務用減も増益

小麦加工 決算 2021.06.09 12241号 04面

 千葉製粉21年3月期単体決算は、売上高174億0500万円(前年比10.0%減)、営業利益3億3400万円(同39.4%増)、経常利益4億6400万円(同14.4%増)、当期純利益3億4300万円(同9.5%増)と、減収増益で着地した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で業務用を中心とした販売が減少したことで減収となったものの、生産性の向上やコスト削減により増益を確保した。
 セグメント別では、製粉事業の売上高が104億9500万円(同10.5%減)、