ビール類、大幅減税へ5社一枚岩 総需要回復が最重要課題に

酒類 ニュース 2013.08.28 10882号 01面
磯崎功典会長

磯崎功典会長

 ビール・発泡酒・新ジャンルの酒税大幅減は業界の悲願。要望活動へはビール5社がまさに一枚岩となって取り組む--。8月1日付で就任した磯崎功典ビール酒造組合会長代表理事(キリン社長兼キリンビール社長)は22日、東京での会見で語気を強め明言した。消費量ピークの94年から20%以上落ち込んだ総需要を回復するためにも、ビール・発泡酒・新ジャンルに課せられた酒税の大幅減税はビール業界にとって最重要課題とした。(梅津章嗣)  「(普段は)市場で厳しい競争をしている」(磯崎会長)が、消費者

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら