ヒットの兆し:川光物産「玉三 冷凍白玉250g」 満を持して冷凍姉妹品

農産加工 ニュース 2021.06.16 12244号 01面

 川光物産は、同社の看板商品「玉三白玉粉200g」の姉妹品として「玉三 冷凍白玉250g」を発売した。同社が家庭用で冷凍白玉を発売するのは初めて。コロナ禍で手作り需要が高まり、和スイーツの白玉が人気に。そうした背景もあって即食・簡便ニーズに応えた白玉商品の発売に至った。

 冷凍白玉について同社はもともと学校給食での取り扱いがあり、その後外食産業へ販路を拡大。ファミレスのデザートメニューやコンビニスイーツのほか、最近はスーパーの惣菜でも採用が増えている。

 これまで家庭用の冷凍白玉は市場にほとんどなく、満を持しての発売となる。業務用白玉の多くが外国産米を使用する中、「玉三 冷凍白玉」は国内産もち米を使用。レンジアップ対応で、好きな時に好きな分だけ解凍して食べられる。

 発売に当たり重視したのがブランドイメージだ。白玉粉のナンバーワンブランドとして長く愛される「玉三白玉粉」を知る消費者には一目で分かるよう、パッケージの色やデザインも白玉粉と統一感を持たせた。「冷凍白玉を導入した店舗での白玉粉の販売につなげたい」(同社)狙いもある。

 夏のイメージが強い白玉だが季節を問わず利用できる。定番のお汁粉、あんみつのほか、鍋やスープに入れると、もちとはまた違ったつるんとした食感が楽しめる。

 同社公式ツイッターでは「玉三プレゼントキャンペーン」を実施。年々フォロワー数も増え、「玉三」ブランドのPRに一役買っている。(三井伶子)

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら