エバラ食品工業、鍋つゆ市場で存在感高める 4年ぶり新商品も

調味 ニュース 2022.08.05 12445号 01面
(左から)渡邊哲也商品開発三課長、今田勝久取締役、御厨貴志商品開発部長

(左から)渡邊哲也商品開発三課長、今田勝久取締役、御厨貴志商品開発部長

(左から)「プチッと鍋 地鶏だしゆず塩鍋」、「なべしゃぶ 焼あごだしつゆ」

(左から)「プチッと鍋 地鶏だしゆず塩鍋」、「なべしゃぶ 焼あごだしつゆ」

(左から)「フライパンで焼肉鍋 コチュジャン醤油味」、「フライパンで焼肉鍋 うま塩にんにく味」

(左から)「フライパンで焼肉鍋 コチュジャン醤油味」、「フライパンで焼肉鍋 うま塩にんにく味」

 エバラ食品工業は22年秋冬の鍋物商戦で、既存ブランドの競争力強化とともに、4年ぶりに鍋つゆの新商品を発売し、市場での存在感を高めていく。「プチッと鍋」と「なべしゃぶ」は、利便性訴求のほか、健康意識や節約意識など生活者ニーズに応える提案を進める。さらに、焼肉のたれと鍋物調味料を主力商品に据える同社ならではの新商品として「フライパンで焼肉鍋」という焼肉好きも満足できる鍋つゆを発売し、新たなカテゴリー創出に取り組んでいく。(三井伶子)