西友、上福岡店内に植物工場 鮮度と独自価値訴求

小売 ニュース 2020.03.04 12021号 12面
店内からも栽培状況が見られるよう工場の壁面一部をガラス張りに

店内からも栽培状況が見られるよう工場の壁面一部をガラス張りに

西友とプランツラボラトリー「LEAFRU」のダブルブランドで訴求

西友とプランツラボラトリー「LEAFRU」のダブルブランドで訴求

 西友は、上福岡店(埼玉県ふじみ野市)の3階に植物工場を誘致、2月26日から同店と周辺4店舗での販売を開始した。運営は植物工場の研究開発・コンサルティングを業務とするプランツラボラトリーが行う。テナントとして西友に賃料を払い、1日当たりグリーンリーフ240株を出荷する。
 植物工場の面積は約150平方m(45坪)、天井までの壁で空間を遮断するが、空調は館と共有、工場用と合わせて室温を約20度Cに保つ。播種から収穫までは35日間で、ある程度まで育苗したも

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら