ヤオコー「所沢有楽町店」、店内製造で惣菜強化 イートイン閉鎖継続

小売 ニュース 2020.07.08 12077号 10面
オリジナルスイートポテトを中心に惣菜デザートをコーナー化

オリジナルスイートポテトを中心に惣菜デザートをコーナー化

青果のアボカドを使用した惣菜部門の寿司シリーズ

青果のアボカドを使用した惣菜部門の寿司シリーズ

 ヤオコーは6月19日、所沢有楽町店(埼玉県所沢市)を開設した。醤油工場跡地を開発した物件で、商圏内に西武新宿線、池袋線、狭山線の複数駅が存在、1km内の人口密度の高さは同社の中で上位だという。売場面積1843平方m(560坪)、初年度19億円を計画する同店ではインストア加工による惣菜を強化した。  惣菜強化のポイントは、既存商品の活用だ。店内の鉄板で作る厚焼き卵をサンドイッチの具材として商品化したものや、青果部門の「ミゲールさんのあぼかど」を使用した寿司シリーズ、タルタル焼

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら