4月商業動態、百貨店・CVSで反動大幅増も 19年水準には届かず

小売 統計・分析 2021.06.09 12241号 01面

 経済産業省が発表した4月の商業動態統計月報(速報)は、20年同月に発令された緊急事態宣言の反動で百貨店とコンビニエンスストア(CVS)が大幅増、ドラッグストア(DgS)は売上げ減となった。スーパーには食品スーパー(SM)と総合スーパー(GMS)が含まれているため、地域におけるシェアの違いによって前年比に差異が見られる。(宮川耕平)

 百貨店は、既存店ベースの全国平均が前年比158.3%増となった。異

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら