Wolt、デリバリー業種を拡大 30分配達のECモール志向

総合 ニュース 2021.09.15 12292号 03面
購入した商品を約30分で配達する仕組みでECの新たなジャンルを開拓へ

購入した商品を約30分で配達する仕組みでECの新たなジャンルを開拓へ

 フィンランド発のデリバリーサービス「Wolt(ウォルト)」は、20年3月に日本に進出、21年8月末で34都市に展開している。今年に入り、北海道ではツルハ、宮城ではイケアや三越、東京ではナチュラルローソン、広島ではコストコやそごう、九州ではイオン九州など、フードデリバリーの領域を超えてサービス対象の業種を広げている。
 矢継ぎ早の提携先拡大は、ウォルトにとっては必然の戦略だ。14年創業の同社が掲げるのは「ポケットの中にショッピングモールを」というもので

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら