10月商業動態、百貨店の既存店プラス コロナ縮小で客足戻る

小売 統計・分析 2021.12.06 12333号 03面

 経済産業省が発表した10月の商業動態統計月報(速報)によると、百貨店とスーパーは既存店ベースで3ヵ月ぶりに前年をクリアした。緊急事態宣言・まん延防止等重点措置の解除により、大型商業施設の客数が増加したことが要因となっている。ドラッグストア(DgS)も引き続き売上げを伸ばしたが、コンビニエンスストア(CVS)は2ヵ月ぶりに前年を割った。
 百貨店は既存店ベースで3.0%増だった。前年同月は0.8%減とコロナ禍にあって最も下げ幅が小さい月だったが、人出の

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら