11月商業動態 百貨店、2ヵ月前年超え スーパー、CVSは減

小売 統計・分析 2022.01.14 12347号 03面

 経済産業省が発表した11月の商業動態統計月報(速報)によると、百貨店は2ヵ月連続の前年クリアとなった。スーパーとコンビニエンスストア(CVS)は前年割れ、ドラッグストア(DgS)は好調を維持している。
 百貨店は既存店ベースで8.1%増だった。大幅な伸長ながら、前年同月が13.6%減だったことを踏まえると回復はまだ途上である。当月の前年比には地域間のばらつきも多く、北海道は25%増と突出している。
 スーパーの既存店は1.1%

書籍紹介