吉野家、創業120周年記念で最高級品 「特撰すきやき重」登場

外食 ニュース 2019.08.19 11926号 08面

 吉野家は創業120周年を迎えたのを記念し、全国販売の牛肉メニューとしては最高価格となる「特撰 すきやき重」(=写真、860円、税込み)を14日から約50万食限定で発売した。同社では夏のスタミナ需要に向け、発売から1ヵ月程度での完売を見込んでいる。  吉野家の「牛丼」は北米産牛肉のショートプレート部位を使用しているのに対し、「特撰 すきやき重」は高級部位である北米産牛肉のサーロインを使用し、最高級牛肉商品を目指した。  1人前約120gのサーロインを、牛丼の具を煮込んだたれで

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら