ジェイアール東日本フードビジネス、未来型店舗第1号店 セルフ注文決済端末導入

外食 ニュース 2019.09.13 11940号 05面
操作性が高い「O:der Kiosk」

操作性が高い「O:der Kiosk」

 ジェイアール東日本フードビジネスは4日、駅ナカのファストフード店「R・ベッカーズ池袋東口店」にセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダーキオスク)」を初導入した。「O:der Kiosk」は、モバイルオーダープラットフォーム事業を手掛けるショーケース・ギグが開発。ジェイアール東日本フードビジネスでは同店を「未来型店舗」第1号店と位置付け、今後、多店舗化する方針だ。  「O:der Kiosk」は、タッチパネルでメニューを注文、決済できる端末で、同店では2台を設置し

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら