カゴメ、拡大市場へ新植物性ミルクを提案

飲料 ニュース 2022.02.18 12365号 01面
「畑うまれのやさしいミルク」(1000g)を手にする鶴田秀朗飲料企画部長

「畑うまれのやさしいミルク」(1000g)を手にする鶴田秀朗飲料企画部長

「畑うまれのやさしいミルク まろやかソイ」(1000g)(左)と「同 なめらかオーツ」(1000g)

「畑うまれのやさしいミルク まろやかソイ」(1000g)(左)と「同 なめらかオーツ」(1000g)

 カゴメの飲料事業は、今春夏、拡大する植物性ミルク市場への対応強化を図る。厳選した大豆やオーツ麦に、野菜・果実を独自配合し、ミルクのようなコクを実現した植物性ミルクの新ブランド「畑うまれのやさしいミルク」(200ml・1000g)を3月29日から全国で新発売する。同社が培ってきた植物性素材の野菜や果実のブレンド技術を駆使し、新たなおいしさを提案する。
 新ブランド「畑うまれのやさしいミルク」は、「まろやかソイ」と「なめらかオーツ」の2種類をラインアップ