三井農林、「日東紅茶」イメージ一新へ 業界初、動画プロモーション展開

飲料 キャンペーン 2015.04.17 11168号 03面
Web展開する入賞動画一例。イケメン2人の頭の上には…?

Web展開する入賞動画一例。イケメン2人の頭の上には…?

 三井農林は今春、紅茶の裾野活性化と展開ブランド「日東紅茶」のイメージ一新を目的とする新コミュニケーション戦略に乗り出す。注目のプラットホーム「eYeka(アイカ)」を活用した「日東紅茶」に関わる動画製作コンテストをこのほど世界規模で実施、入賞作品を活用した広告展開をWeb上で順次展開する。同プラットホームを活用するプロモーションは国内初で、高い注目を集めそうだ。

 「日東紅茶」ブランドは昨秋、8年ぶりとなる大型リニューアルを実施。今回の取組みは「プロモーションやコミュニケーションなどを通じ、イメージを一新させ、市場活性化へつなげる」(柴沼隆之社長)ことを目指すもので、若者を中心とする裾野拡大や紅茶へのイメージ向上などを包括する。

 コンテストでは欧米やアジア、アフリカなど世界18ヵ国から42作品が集まり、複数回の選考を経て入賞作品を決定。1位には強烈なインパクトと遊び心の詰まったロシア作品、2位に質の高い映像と雰囲気が魅力のオランダ作品、3位に洗練されたセンスが光った米国作品を選んだ。いずれも同社ホームページに加え、YouTubeなどで順次、広告動画として公開していく方針。

 「アイカ」は仏を拠点とするeYeka社によるオンライン上のコミュニティーサイトで、164ヵ国約29万人のクリエイティブ関係者が所属。企業マーケティングに消費者視点でのアイデアを直接取り込むものとして世界規模で注目を集めており、定期的に企業からの賞金コンテストが実施されている。

 (村岡直樹)