日清オイリオグループ、上期は減収増益 ホームユースなど伸長

乳肉・油脂 決算 2020.12.04 12155号 03面

 日清オイリオグループの21年3月期上期連結決算は新型コロナの影響で業務用分野が苦戦し、減収となったものの、ホームユース(家庭用)や付加価値品の伸長やコストに見合う適正価格での販売、海外のパーム油時価評価益などで増益での折り返しとなった。下期は戦略の方向性を保ちながらも、行動変容を機会としてとらえることで、次なる成長への事業戦略を推進(一部既報)。通期では利益面を上方修正したが、減収減益(営業利益ベース)での着地を見込む。
 同社の21年3月期第2四半

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら