J-オイルミルズ、第3四半期は減収減益 通期下方修正

乳肉・油脂 決算 2021.02.22 12191号 03面

 J-オイルミルズの21年3月期第3四半期連結決算は家庭用が伸長した一方、新型コロナの影響で業務用(外食)向けの需要が減退、さらに搾油縮小によるミールの販売減が影響し、減収減益を強いられた。期首と比較して利益は経費抑制などコスト改善を進め改善傾向にあるが、20年からの原料急騰の影響を受け始めており、今春は価格改定を実施(本紙既報)し、通期での業績予想を下方修正した。
 同社の第3四半期連結業績は売上高1219億9800万円(前年比11.2%減)、営業利

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら