北洋銀行、農林中金、日本公庫 「北海道ワイン後志ヴィンヤード」へ協調支援

酒類 ニュース 2020.10.21 12134号 02面
左から安田光春北洋銀行頭取、佐藤聖一郎仁木町長、嶌村公宏北海道ワイン後志ヴィンヤード社長、森一義新おたる農業協同組合組合長、河本紳農林中央金庫常務執行役員

左から安田光春北洋銀行頭取、佐藤聖一郎仁木町長、嶌村公宏北海道ワイン後志ヴィンヤード社長、森一義新おたる農業協同組合組合長、河本紳農林中央金庫常務執行役員

 【北海道】北洋銀行と農林中央金庫(農林中金)、日本政策金融公庫(日本公庫)は16日、北海道ワインが4月設立した「北海道ワイン後志ヴィンヤード」(資本金2000万円)に対し協調支援を行うと発表した。後志管内の醸造用ブドウの生産基盤維持・発展、新たなGI(地理的表示)北海道ワインブランド立ち上げなど農業・食産業の持続的発展と地域活性化が期待されることから決定に至った。出資・融資の総額は8000万円で、同社は資本増強やブドウ栽培に必要な農地取得、農機導入など、設備投資と運転資金に

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら