新機能性食品素材 ギリシャ・ヒオス島「マスティハ」(下)機能性食品の素材に

総合 連載 2019.06.14 11892号 04面
ヒオス島にあるマスティハショップ

ヒオス島にあるマスティハショップ

左から結晶入りの缶、エッセンシャルオイル、調理用パウダー

左から結晶入りの缶、エッセンシャルオイル、調理用パウダー

 ギリシャのヒオス島でしか採取できないマスティハを使用し、最近では100以上もの商品が生み出され、世界中に輸出されている。その用途は、食品、口腔衛生商品、化粧品、医薬品と幅広いが、ヒオス・マスティハ生産業者組合は、胃腸の健康を助ける機能性食品の素材として日本にマスティハの地位を築きたいと考えている。  ●生産量は15万kg  現在マスティハの木を栽培している農場は4000ヵ所ある。これを24の村で管理・生産している。マスティハの生産量は15万kg。各村の生産者たちは、マスティ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら