脱酸素材特集=王子化工・タモツ

「タモツ」の昨年の平均月産数量(酸素吸収能力一〇〇㏄換算)の対前年比の伸び率は五%増だったという。 昨年の特徴は、①ケプロンの包材特許をロイヤリティベースで購入したこと②ビーフの乾燥した珍味など台湾輸出が軌道に乗っていること③治療分野(薬の劣化を防ぐ)を三年くらい前からチャレンジしており、ここへきて医薬品メーカーと共同で“カードタイプ”脱酸素剤が完成間近であること‐‐などだそうだ。 ケプロンの特許だが、帯テープを剥がす連帯に興味を持っているといい(西山氏)、「できれば購入した

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら