葡萄酒技術研究会「ドイツワインの現状と問題点」などで講演会

《■■酒技術研究 会が講演会開く 》 ■■酒技術研究会(会長‐村木弘行)は2月28日、石和グランドホテルで講演会を開催した。講演内容は、「ドイツワインの現状と問題点‐‐最近の市場動向と栽培醸造技術」(サントリー㈱椎名敬一氏)、「最近の金融経済情勢について」(日本銀行甲府支店支店長・井上宣孝氏) 椎名氏は、最近のドイツワインについて「ワイン法の改正など、各州ごとにぶどうの収量規制に乗り出している。量から質への転換を模索している段階である」と指摘。フランス

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら