「全国牛乳容器環境対策協議会」(仮称)の組織づくり大詰め。6月末には設立か

乳業メーカーと紙容器メーカーおよび関係団体が協力、牛乳容器の環境問題を事業目的とした「全国牛乳容器環境対策協議会」(仮称)の組織づくりが大詰めを迎えている。関係団体などの総会承認を受け、早ければ6月末にも設立される見通し。 同協議会は、環境問題の中で資源リサイクルとして活発化しつつある牛乳紙容器に対し、「理解と関心を深めるため、消費者の教育・啓発活動に協力」を目的とし、業界としての貢献策を可能なところから具体的に取り組もうというもの。財源は、乳業メーカ

書籍紹介