「卸白書」から 【1】慣行

卸・商社 連載 1992.06.12 7388号 2面

中小卸売業関係団体懇談会の商慣行改善委員会は昨年8月、「中小卸売業商慣行に関するアンケート調査」を実施した。約一万七〇〇〇件への調査票配布に対し、五三四六票の回答があり、中小卸売業の商慣行に対する意識の向上を裏付けている。 消費財系卸売業が望ましくない商慣行例としてあげたものを販売先別に整理すると、地域展開型大型店一四項目、CVS一二項目、全国型大型店一〇項目、一般中小小売店五項目、大口需要者等二項目となっている。 大型店、CVSとの取引において、多くの卸売業が望ましくない商

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら