今年の上半期の脱酸素剤、タモツ

「タモツ」の今年の上半期(1~6月)の平均月産数量(酸素吸収能力一〇〇㏄換算)の対前年比は横ばいだった。 良くもないが落ちてもないということだが、担当の西山氏は「景気全体が悪いので維持できているだけでも良しとしなければいけません」と半分あきらめ顔だった。 「タモツ」は昨年、①乾燥ビーフの珍味の台湾輸出が軌道に乗ってきた②治療分野(薬の劣化を防ぐ)にチャレンジしてきたのが医薬品メーカーと共同開発してきた“カードタイプ”脱酸素剤が完

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら