サントリーワインインターナショナル、20年は2%増計画 国産カジュアルに注力

酒類 ニュース 2020.01.15 11997号 02面
ワイン飲用の接点創出に向けた需要創造も重点テーマに

ワイン飲用の接点創出に向けた需要創造も重点テーマに

 サントリーワインインターナショナルは9日、国内単体事業の20年の販売計画について、前年比2%増(数量)を目指すと発表した。19年に引き続き、国産のカジュアルワインに力を入れるほか、ワイン飲用の接点創出に向けた需要創造も重点テーマに位置付け、取り組む方針だ。  19年の販売は、2%増と市場を上回って着地した。国産カジュアルは、主力の「酸化防止剤無添加のおいしいワイン。」「デリカメゾン」を中心に新商品の投入やリニューアルを実施し、4%増と伸長した。輸入ワインは欧州産を強化したこ

会員登録する

ベネフィットと機能をみる

続きを読む

会員の方はこちら