ロット番号削除品は信頼を失う 日本洋酒輸入協会が呼び掛け

酒類 ニュース 2020.10.16 12132号 01面

 日本洋酒輸入協会は、製品の製造時期や場所を特定するための「製造ロット番号」が削除された輸入酒類が流通している問題について、削除品が流通しないよう業界団体などに呼び掛けている。事故などが発生した場合、ロット番号が削除されていては対応が遅れ、消費者の信頼を大きく損なう恐れがあるためだ。12日に関係方面に文書を送付した。同協会は、製造ロット番号が削除などされた商品について、品質管理が及ばないことから品質保証機能を損ない商標権の侵害に該当するとの観点から、18年に法的規制の導入を求

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら