サントリースピリッツ、国産ジンを24年に100億円へ 炭酸割りで食事とともに

酒類 ニュース 2021.02.22 12191号 01面
国産ジンの「翠」と「ROKU」の炭酸割り提案に力を入れる

国産ジンの「翠」と「ROKU」の炭酸割り提案に力を入れる

「翠」を手に持つ神田秀樹社長

「翠」を手に持つ神田秀樹社長

 サントリースピリッツは、スパイスやハーブなどで香り付けした蒸留酒「ジン」の販売を強化する。国産ジンの主力ブランドの売上高を24年に20年比で約7倍となる100億円に拡大させる計画だ。一般にジンはなじみの薄い酒類だが、炭酸で割る飲み方を提案することで、食中酒として食事とともに楽しむ需要を創出する。(岡朋弘)

 18日の国産ジン戦略説明会で明らかにした。戦略ブランドに位置付けるのは、和素材を原料に使った

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら