国税庁、清酒製造状況を公表 19年度、生産量1割減 製造場・数量とも減

酒類 統計・分析 2021.04.07 12211号 03面

 国税庁は3月26日、清酒メーカーを対象に製造実態などを調査した「清酒の製造状況等について(令和元酒造年度分)」をホームページに公表した。調査の結果、清酒の製造数量が前年から約1割減ったことが分かった。清酒の製造場数が減少したほか、製造数量のうち特定名称酒の占める割合が上昇する傾向が見られた。
 調査対象期間は、19年7月1日から20年6月30日。製造場数の調査では、調査対象場数(蔵置場を含む)1784場のうち、回答数は1567場(回収率87.8%)だ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら