メルシャン、リモートでチリ生産者とワイン語るセミナー

 ワイン大手のメルシャンは7日、日本とチリのワイン生産者が、日本とチリにおける醸造方法の違いやワイン業界を取り巻く地球環境変化について語り合うセミナーをオンラインで開催した。当日は田村隆幸シャトー・メルシャン勝沼ワイナリー長とチリ大手ワイナリー、コンチャ・イ・トロのマルセロ・パパテクニカル・ディレクターが登壇した。業界関係者ら約180人が視聴した。
 今回開いた「シャトー・メルシャン&コンチャ・イ・トロ 造り手トークセッションセミナー」では、日本とチリ

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら