ワタミ、居酒屋大幅縮小 異業種交流と新事業強化 V字回復へ6次化人材育成

外食 ニュース 2021.01.13 12170号 02面

 ワタミは緊急事態宣言の逆風を糧に事業改革を加速させる。国内外食事業の主力である居酒屋部門の来期売上高(2022年3月期)を通常の55%と試算。居酒屋規模を3割縮小する一方、社員の異業種交流と有望事業の強化を両立させ、アフターコロナのV字復活を再来期に定める。また、渡邉美樹代表取締役会長兼グループCEOは8日の会見で、政府の協力要請に対し「外食をやり玉に挙げた政策に疑問。店舗一律の協力金も乱暴。給付は粗利の半分が妥当」と持論を展開した。
 居酒屋を主と

最大30日間無料購読する

非会員の方はこちら

続きを読む

会員の方はこちら